スポンサーリンク

指原莉乃卒コンセトリまとめ!さくたべをラストに持ってきたセンスに圧巻

スポンサーリンク

2019年4月28日、横浜スタジアムにて開催された指原莉乃卒コン。参戦してきました!

参戦してきたのに、莉乃ちゃんが卒業したという実感がまだ今ひとつ湧かない自分がいます。これから、指原莉乃のいないHKT48を見て実感していくんですかね。。

それはさておき、今回は指原莉乃卒コンの感想をセトリとともにまとめます。

出典:https://natalie.mu/music/news/329968

スポンサーリンク

指原莉乃卒コンセトリまとめ

01. #好きなんだ
02. ロックだよ、人生は…
03. 早送りカレンダー
04. スキ!スキ!スキップ!
05. ジワるDAYS
06. 愛しきナターシャ
07. 初恋ヒルズ
08. 君のことが好きやけん
09. そばかすのキス
10. 波音のオルゴール
11. Choose me!
12. LOVE TRIP
13. ハロウィン・ナイト
14. 生意気リップス
15. 波乗りかき氷
16. 週末Not yet
17. 2018年の橋
18. 夕陽を見ているか?
19. 意志
20. Make noise
21. しぇからしか!
22. ぶっ倒れるまで
23. 炎上路線
24. アボガドじゃね~し…
25. 君の名は希望
26. シェキナベイベー
27. 私だってアイドル!
28. Get you!
29. メロンジュース
30. 12秒
31. 最高かよ
32. それでも好きだよ
33. 今 君を想う

アンコール
34. いつだってそばにいる
35. ジワるDAYS
36. 私だってアイドル!
37. 恋するフォーチュンクッキー
38. 桜、みんなで食べた

以上が、指原莉乃卒コンセトリのまとめです。実質、HKT48のライブでしたね。HKT48ブロックは当然あると思ってましたが、HKT48メインで他の本店、支店グループメンバーをすべてゲスト扱いにするとは。

ですが、最後はHKT48としてステージから去って欲しいと思っていたので、とてもよかったと思います。

関連記事→指原莉乃卒コンセトリ予想!not yet復活やサプライズの可能性も
関連記事→AKB48【ジワるDAYS】切ない歌詞が響く神曲!ソロパートもかわいい
関連記事→AKB48【ジワるDAYS】PVも神!恋チュン帽子や歴代衣装がエモい
関連記事→HKT48【意志】バグベアの真骨頂!歌詞の意味やイントロが胸を打つ
関連記事→HKT48 意志PV ロケ地と旗を渡すシーンに涙!第2章が始まる
関連記事→いつだってそばにいる 杉山勝彦の新たな名曲!HKT48版「夢の河」
関連記事→いつだってそばにいる 歌詞やPVの感想~冨吉明日香のカットが泣ける

セトリ自体も素晴らしかったのですが、流れもまた完璧でしたよね。本村碧唯、村重杏奈、上野遥との「波乗りかき氷」からの大家志津香、北原里英、横山由依との「週末Not yet」とか。「波乗りかき氷」をこのメンツでやった時点で、ノイエメンバーでの「週末Not yet」を期待した方、めっちゃいたと思うんですよ。優子ちゃんは来れなかったとしても、そこはしーちゃんを入れればいいわけで。

そしたら、まさしく「波乗りかき氷」」からの「週末Not yet」!!

さすがすぎます。卒コンのセトリは指原莉乃自身がすべて考えたとのことですが、莉乃ちゃんの有能さが改めて分かるセトリと構成でした。「(優子ちゃんが来ると)期待させないように1番最初に出てください」と言われたというしーちゃんの話にも笑いましたww

松本人志らサプライズゲストの登場に高まる

出典:https://entamenext.com/articles/detail/2238

卒コンということで、誰かしらゲストは来るだろうなーと思っていたのですが、まさか松本人志さんが来て下さるとは…!

まっちゃんの登場で、会場のボルテージはさらに上がった気がしますね。確かに、これまでとは違った歓声が沸き上がりました。感謝しかありません!

そして、朝ドラの撮影中にも関わらず来てくれたまゆゆにも感謝!

「さくたべ」をラストにした理由

大盛況の中、ライブの幕を閉じた楽曲が「桜、みんなで食べた」。ラストは恋チュンと予想されていた方も多かったのではないでしょうか。指原莉乃にとって恋チュンはターニングポイントであり、指原莉乃の代名詞と言える楽曲ですから。

しかし、それはくまでタレント・指原莉乃を象徴する楽曲に過ぎないのかもしれません。タモリさんの絶賛によるり今でこそ大好きで大切な楽曲となったと語ってはいるものの、後藤真希さんをきっかけにアイドルにハマり、「#好きなんだ」のようなアイドル王道楽曲を好む指原莉乃にとって、「恋するフォーチュンクッキー」はアイドル・指原莉乃を象徴するが楽曲とではないでしょう。

何より、恋チュンはAKB48の楽曲。HKT48を心から愛し、HKT48メンバーとともにおくる卒コンのラストを飾る楽曲は、HKT48の楽曲の方が相応しいと卒コンを終えて余計にそう感じました。

そして、「さくたべ」という選曲もまたさすがです。アイドル王道の明るい曲調と卒業をテーマにした歌詞なので、さくたべは卒コンのラストを飾るにはもってこいの楽曲ですね。

このセトリと選曲から言えるのは、ステージに立つ指原莉乃は最後までアイドル・指原莉乃だったということ。そして、明るく楽しくをモットーにアイドル活動してきた指原莉乃らしい卒コンだったということです。

関連記事→【AKB48】ジワるDAYSはワロタピーポー路線?恋チュン超えなるか
関連記事→指原莉乃 歌やMCの有能さが人気の理由?天才的な煽りは唯一無二

感動とか涙とかも必要です。特に、卒コンなら涙は必須です。実際、咲良や奈子のメッセージは泣かないほうが無理です。

ただ、1番大事なのはシンプルに楽しい!って思えることなんですよね。もちろん、卒コンに限ったことではなくアイドルのコンサートは全て。

この場にいられたこと、そして指オタでいられたことを改めて誇りに感じた卒コンでした。

まとめ

今回は指原莉乃卒コンの感想をセトリとともにまとめました。

セトリをまとめてみて、改めて指原莉乃の有能さに気づかされましたね。まだ卒業した実感はありませんが。笑

ですが、卒業して時間にも少し余裕が出来てくると思いますし、莉乃ちゃんには自分らしく楽しく活動していって欲しいです。

改めて、莉乃ちゃん卒業おめでとう。当たるかわかんないけど、感謝祭もバスツアーも行きます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク