スポンサーリンク

AKB48【サステナブル】井上ヨシマサの真骨頂!センター矢作萌夏の評判も

スポンサーリンク

2019年9月18日にリリースされるAKB48の56thシングル「サステナブル」。7月24日放送の「FNS歌のなつまつり」でテレビ初披露されました。

作曲を務めたのは、これまでAKB48グループの数々の名曲を生み出してきた井上ヨシマサ氏。それだけに、全盛期のAKB48楽曲を彷彿とさせる王道楽曲となっています。古参ファンの方には、とても懐かしく感じられたのではないでしょうか?

矢作萌夏のセンターとも非常にマッチしています!

出典:https://entamenext.com/articles/detail/1962

スポンサーリンク

イントロから井上ヨシマサ節炸裂のAKB48「サステナブル」

井上ヨシマサ作曲のAKB48グループの主な楽曲

AKB48
制服が邪魔をする
軽蔑していた愛情
大声ダイヤモンド
10年桜
涙サプライズ!
RIVER
Beginner
Everyday、カチューシャ
真夏のSounds good !
UZA
ハロウィン・ナイト

SKE48
片想いFinally

NMB48
カモネギックス

HKT48
メロンジュース

以上が、井上ヨシマサ作曲のAKB48グループの主な楽曲です。このリストを見ていただければわかる通り、井上ヨシマサ氏は全盛期のAKB48のシングル表題曲を多く作曲しています。

もちろんHKT48にも提供しています。あの「メロンジュース」を作曲したのが井上ヨシマサ氏です!

それ以外にも「花と散れ!」や「僕の太陽」、大島優子さんのソロ曲「泣きながら微笑んで」など劇場公演曲の作曲も多く担当しており、AKB48グループ楽曲の作曲陣において最も欠かせない人物と言っても過言ではありません。

しかし、井上ヨシマサ氏がAKB48の楽曲を作曲したのは2016年の「星空を君に」以来3年ぶり。シングル表題曲に関しては、指原莉乃センターの「ハロウィン・ナイト」以来実に4年ぶりとなります。

AKB48らしさ=井上ヨシマサ楽曲というイメージが強い自分は近年どこか物足りなさを感じていたので、「サステナブル」が井上ヨシマサ氏作曲と知った瞬間はめちゃくちゃテンション上がりましたよ。しかも、井上ヨシマサさんらしい王道アイドルソングで素晴らしいですね!

イントロを聞いた瞬間、これはもしや…?と思ったのですがその予想は的中。ヨシマサさんらしいインパクト大なイントロでしたね。

関連記事→AKB48【ジワるDAYS】切ない歌詞が響く神曲!ソロパートもかわいい
関連記事→AKB48【ジワるDAYS】PVも神!恋チュン帽子や歴代衣装がエモい
関連記事→外山大輔楽曲にみるAKB48グループらしさ~『大人列車』は名曲
関連記事→HKT48【意志】バグベアの真骨頂!歌詞の意味やイントロが胸を打つ

井上ヨシマサ氏は自身が作曲を担当した楽曲は全て編曲も担当してきましたが、今回の「サステナブル」も恐らくヨシマサさんのアレンジでしょう。

センター矢作萌夏の評判は?

「サステナブル」でセンターを務めているのは、AKB48チームK所属の矢作萌夏さん。矢作萌夏さんは2019年7月現在、16歳のフレッシュなメンバーで、握手会での対応も評判となているAKB48次世代エース候補です。

王道アイドル楽曲の「サステナブル」は、そんな矢作萌夏さんがセンターを務めるにふさわしい楽曲ですね。このタイミングで井上ヨシマサ楽曲を再び表題曲に採用した秋元先生はさすがだと改めて関心しますよ。元気なイメージの矢作萌夏さんによく合っています。

故に、矢作萌夏センターの評判もいいですね。2019年は春のシングルがなくちょっと寂しかったですが、半年待った甲斐がありました。こういうの待ってました!って感じです。

ここまで王道夏曲に徹底したのですから、PVは水着ですよね…?

これからどんどん慰労する機会もあると思いますし、楽しみです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク