スポンサーリンク
スポンサーリンク

AKB48【カラコンウインク】エビカツのオマージュには理由がある?

スポンサーリンク

3月13日(水)に発売予定の AKB48 63rdシングル『カラコンウインク』。その音源とMVが2月12に解禁されました。

柏木由紀さんのラストシングルとなる今作は、柏木さんのトレードマークともいえる「ウインク」を題材にした王道アイドル曲。作曲は、『Everyday、カチューシャ』『真夏のSounds good !』などAKB48の代表曲を手がけてきた井上ヨシマサ氏が担当しています。

それだけに、これぞAKB48!という要素も多く、過去作のオマージュと感じられる部分もいくつかありました。

中でも話題となったのが、『Everyday、カチューシャ』(以降、エビカツ)のオマージュです。意図的なオマージュでは?という意見がありましたので、みていきましょう。

出典:https://https://twitter.com/

スポンサーリンク

エビカツのオマージュした?AKB48「カラコンウインク」

ストリングスからのシンセというイントロが印象的な『カラコンウインク』。静かなイントロからのシンセという構成時代、AKBをはじめ現代のアイドル曲のデフォともいえますが、この美しいストリングスから盛り上がる感じは、まさしくエビカツですよね。

この時点で、井上ヨシマサさんを彷彿とさせます。ドラムトラックがかなりしっかりしていて聴きごたえあるのもヨシマサさんならではといえるでしょう。

Aメロもエビカツとかなり似ており、ヨシマサ節全開と言えそうです。

関連記事→井上ヨシマサの天才を改めて証明~AKBとの相性ベスト!代表曲まとめ
関連記事→AKB48の隠れた名曲まとめ!劇場公演も神曲多数【井上ヨシマサ編】
関連記事→AKB48の代表曲って結局どれ?初期・全盛期の神曲たち10選
関連記事→AKB48の卒業ソングといえば?どの曲が人気?【シングル表題編】

このように、あの頃のAKBを彷彿とさせる楽曲ということで古参ファンの評判もいいですね。私も気に入っております!

エビカツのオマージュした?AKB48「カラコンウインク」

出典:https://https://twitter.com/

『カラコンウインク』とエビカツが似ているのは、同じ作曲だからいったらそれまでです。ですが、意図的にオマージュしているのでは?という説がありました。

エビカツといえば、2011年開催の第3回AKB48選抜総選挙の投票券が封入されていたシングル。この時の総選挙で、柏木さんは3位となりました。

柏木さんは第1回総選挙で9位、第2回総選挙では8位。つまり、第3回総選挙で初めて神7の順位になったのです。

結果が反映されたのはエビカツの次のフライングゲットですが、エビカツが柏木さんにとって大切なシングルとなったのは事実。もしかしたら、エビカツと似ている部分があるのはそういう意図があるかもしれませんね。

もちろん、エビカツオマージュ前提で制作が始まったかはわかりません。制作していく中で秋元先生や運営が決めたのかもしれません。

関連記事→柏木由紀が人気の理由!歌の魅力・30歳超えても可愛い・風呂嫌いもw

いずれにしても、柏木由紀のAKB人生の集大成として制作された楽曲であるのは間違いないはず。コレオグラファーに48グループの多くの楽曲振付を担当している武田舞香氏を迎え入れていることからしても、運営が相当気合を入れているのは確かです。

“あの頃のAKB48”をコンセプトにした『カラコンウインク』、他にもかなりマニアックなオマージュが隠れているかもしれませんよ…!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク