スポンサーリンク

外山大輔楽曲にみるAKB48グループらしさ~『大人列車』は名曲

スポンサーリンク

井上ヨシマサ氏や杉山勝彦氏など、AKB48グループには多数の作曲家さんが楽曲を提供しています。これまでプレゼンには参加してきたけど、1曲も採用されていないなんて作家さんも中にはいらっしゃるかもしれませんね。

そんな中で、近年AKB48グループにとって特に重要な作曲家となったのが外山大輔氏。今や、外山大輔氏を知らないAKB48グループのファンはほとんどいないのではないかというくらいここ数年で彼の名はファン界隈で知れ渡りました。

今回は、そんな外山大輔氏がなぜAKB48グループに必要不可欠な存在となったのかを考察します。

出典:https://twitter.com

スポンサーリンク

名曲揃いの外山大輔楽曲たち

外山大輔作曲のAKB48グループ楽曲

AKB48グループ

AKB48
泣き言タイム
あれから僕は勉強が手につかない
混ざり合うもの ※谷村庸平と共作
夢へのルート
ハッピーエンド
Better
奇跡のドア
君は僕の風

SKE48
12月のカンガルー
望遠鏡のない天文台

NMB48
しがみついた青春
フェリー
最後の五尺玉

HKT48
大人列車
黄昏のタンデム
Make noise
恋するRibbon! ※作詞は田中菜津美・福田貴訓、作曲は坂本愛玲菜・福田、編曲は福田と共作
わたしのふるさと ※編曲のみ
大人列車はどこを走ってるのか? ※Dr.Lilcomと共作

派生ユニット

ラブ・クレッシェンド
コップの中の木漏れ日

fairy w!nk
天使はどこにいる?

坂道シリーズ

乃木坂46
醜い私

この楽曲リストをご覧いただければ、外山大輔氏がいかにAKB48グループに貢献しているかが分かって頂けるのではないでしょうか。NMB48「しがみついた青春」やHKT48「大人列車」の楽曲の素晴らしさはNMBやHKTのファンだけでなく、多くのAKB48グループファンが認めていますよね。755で秋元先生が外山大輔氏を素晴らしい作曲家だと絶賛したのも納得です。

改めて楽曲をまとめてみると、「大人列車」のような明るい楽曲が多いものの、「黄昏のタンデム」や「天使はどこにいる?」、「奇跡のドア」など80年代を彷彿とさせる歌謡曲テイストの楽曲も結構あります。外山大輔氏自身、80年代から90年代の楽曲が好きと755でも発言していましたが、その自身の音楽におけるルーツが楽曲にも表れていますね。

関連記事→大人列車はどこを走ってるのか?歌詞と評判~外山大輔メロと栗原紗英の表現力
関連記事→【AKB48】ジワるDAYSはワロタピーポー路線?恋チュン超えなるか
関連記事→AKB48【ジワるDAYS】PVも神!恋チュン帽子や歴代衣装がエモい
関連記事→AKB48【ジワるDAYS】切ない歌詞が響く神曲!ソロパートもかわいい

そして、この80年代から90年代っぽい楽曲は、AKB48グループの王道路線でもあります。AKB48の代表曲であろう「恋するフォーチュンクッキー」は70~80年代的なディスコサウンドですし、「365日の紙飛行機」も70~80年代のフォークに近い曲調。90年代寄りの楽曲においても、「ギンガムチェック」や「ファーストラビット」、「#好きなんだ」や「ジワるDAYS」など挙げればキリがないほどたくさんあります。

元々はロックバンド(KILLING SKILL 48)のメンバーとして活動されており、AKB48グループに楽曲提供をするまでは作曲家としての活動はなかった外山大輔氏。ですが、彼の音楽性はAKB48グループの楽曲の方向性と非常にマッチしているのではないでしょうか。

「大人列車」や「しがみついた青春」はAKB48グループの原点

”会いに行けるアイドル”をコンセプトとし劇場公演から活動をスタートさせたAKB48。その1発目の公演「PARTYが始まるよ」の公演曲でインディーズ時代の1stシングルとなった「桜の花びらたち」は、学校の卒業が歌詞のテーマとなっています。また、チームKの2nd公演のタイトルは「青春ガールズ」と、グループ発足当初AKB48は青春をテーマとした楽曲や作品が多くありましたね。

これにより、毎日行っている劇場公演に放課後感を演出することが出来ました。これは、”会いに行けるアイドル”というコンセプトをより理解してもらえる重要な役割を果たしたことでしょう。

その青春というテーマは、AKB48に姉妹グループが出来て大きな会場でのコンサートが可能になって以降も続いています。今回取り上げている外山大輔氏作曲のNMB48「しがみついた青春」やHKT48「大人列車」、AKB48「夢へのルート」も青春がテーマとなっている楽曲です。これが外山大輔氏の紡ぐ爽やかなメロディーに秋元先生がインスパイアされた結果であることは言うまでもありません。

こうして完成された外山大輔楽曲の名曲たち。それは、AKB48グループの真骨頂であり原点と言えるのではないでしょうか。

「Teacher Teacher」や「NO WAY MAN」など近年は従来のAKB48とは離れた楽曲が増えている中、外山大輔氏の楽曲は非常に安心感があります。楽曲のクオリティーの高さもさることながら、AKB48の原点が揺らいでいないことをファンに示してくれます。中でも「大人列車」は名曲です!

まとめ

今回は、外山大輔楽曲を取り上げました。改めて、名曲揃いだと感じましたね。「大人列車」然り、「しがみついた青春」然り。

今後もAKB48グループにどんどん名曲を生み出して欲しいです。…秋元先生が採用してくれるかは分かりませんが。。苦笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク